HOME > Innocent World

Innocent World

千年の夜と百億の邂逅―――

INTRODUCTION

Blood Heaven最終章。
運命と血と誇りをかけて、最期に辿り着いた世界とは………。

本作は、アナザーストーリィ朗読劇として誕生した「幸福の王子 The Happy Prince」を、大幅に改定し新たな物語として作り上げた作品「Blood Heaven」三部作の最終章。
第一部「LABYRINTH」は、第二部「Blood Heaven~第七天国」の登場人物のひとり、国語教師・マコーレイの過去を描き、2012年6月に上演。
第二部「Blood Heaven~第七天国」(初演:2011年6月、再演:2013年4月)は、モルグの町にそびえる全寮制ギムナジウム(高等中学校)の生徒・サビルとグレイを中心として描かれるゴシックミステリーです。
第三部の本作は第二部の続編にあたり、キャラクター達のその後が描かれると共に、新キャラクターとの新たなストーリーが展開されます。
そして 今作もBe Withプロデュース作品定番、“Another setting&Another ending”で上演。1本の舞台がAnother setting(違う設定)により、Another ending(違う結末)に展開していく。同じ物語も結末が違うことによって、それまでの心情、出来事の意味合いが大きく変化いたします。

STORY

霧の中に孤独な瞳を魅たブラム。
思い出せない過去は悪夢の記憶なのか…?

魔女伝説が息づく町・モルグ。
ブラムは、嵐の夜、モレラの森に入り自ら命を絶とうとするが、偶然出会ったソウルに助けられる。ソウルの館に招かれたブラムは、彼の薦めでそこにとどまり暮らし始めた。ある日、湖に写生に出かけたブラムは、謎多き青年・マコーレイに出会う。マコーレイはブラムの面差しに、一族に引き入れようとしたが覚醒しないまま永い眠りについたシュヴァルツを見るのだった。一方、「同族殺し」と言う禁忌を犯し、追われる身となったサビルとグレイは、ヴァンパイアが町に横行している裏に何かあると感じていた。そしてソウルは、待ち望んでいた希望を手にしようとする。
それぞれの思い、それぞれの運命は月が満ちた最期の夜に彼らを待っているのだった………。

CAST

minami.jpgminami.jpg
ブラム:南  圭介

seiji.jpgseiji.jpg
グレイ:福山 聖二

ta-.jpgta-.jpg
サビル:河原田巧也

ibuka.jpgibuka.jpg
ソウル:井深 克彦

goto_0336.jpggoto_0336.jpg
エストリー:後藤 文嘉

yanagi_0443.jpgyanagi_0443.jpg
ルガトー:柳沢 卓

murakami_0038.jpgmurakami_0038.jpg
アスワン:村上 渉

seto_0109.jpgseto_0109.jpg
カルマ:瀬戸 啓太

tanabe_0165.jpgtanabe_0165.jpg
フリッツ:田邊 俊喜

suzuki.jpgsuzuki.jpg
マコーレイ:鈴木 拡樹

SCHEDULE


Innocent World Ⅰ.jpgInnocent World Ⅰ.jpgInnocent World Ⅱ.jpgInnocent World Ⅱ.jpg

Be Withプロデュース VOL.27
THE BUTTERFLY EFFECT CHRONICLE
“Blood Heaven Final Tale” 
≪Innocent World≫
千年の夜と百億の邂逅―――
2014年6月25日(水)~6月29日(日)
六行会ホール
◎結末2VER:flamme ver/vent ver


◆Innocent World 特設サイト◆

CREW

作・演出:凌崎イサミ/舞台美術 深海十蔵/照明:千田実(CHIDA OFFICE)/音響:川西秀一/舞台監督:田中新一/舞台製作:ジャンジャックアートスタジオ
ダンス振付:erica/アクション指導:田井和彦/ヘアメイク:佐茂朱美/衣装:チャンプル南/写真:松田和弘/宣伝デザイン:Li×ssen

SPECIAL

CASTパレードであるOPダンスは毎回、物語の世界観とキャラクターの関係性を表しダンスの結末も舞台と同じく2Ver。ダンスの結末が物語の布石となっています。オリジナルテーマソングの歌詞は全編英語。「Blood Heaven三部作」の英詩と歌詞を記載いたします。作詞:凌崎イサミ

<Innocent World>

Hear the wind from far away
Traveler of this Innocent World
Forest of morals pursuade
Hiding secrets, quiescent rain

Trapped in this sanctuary
Petals fallen, what remains are ruins
left behind by my memories
I force a smile
Gazing at the white sky

Lead me out of this world I live in
Run through a thousand nights, the world's end
What lies beyond are endless chances
The only piece of hope I am seeking for

Trapped in this sanctuary
Petals fallen, what remains are ruins
left behind by my memories
I force a smile
Gazing at the white sky

Cruel words distort in darkness
Screaming wrecklessly for guidance
Chant the spell and hold them close
Set them free and see the moon's radiance

Only one scar away, paradise is within my reach
Memories that tore away
Crimson flowers pull them towards me

Lead me out of this world I live in
Run through a thousand nights, the world's end
What lies beyond are endless chances
The only piece of hope I am seeking for

Hear the wind from far away
Traveler of this Innocent World
Forest of morals pursuade
Hiding secrets...

<Innocent World>

私はこの汚れない世界(Innocent World)の放浪者(たびびと)
風の音が遠くに聞こえる
モレラの森が囁きながら
私を永遠へと誘っている
雨音は秘密を閉じ込めて深い沈黙を守っている

私は朽ちた花園と崩れた神殿の中で
過ぎ去った思い出に置き去りにされ微笑んでいる
純白の空を眺めながら

私は過去と現実と未来の向こうに旅立ちたい
千年の夜を越えて世界の果てに走り出したい
そこにあるのはきっと 百億の邂逅(かいこう)だとわかっている
それは私が望んだたったひとつの希望

私は朽ちた花園と崩れた神殿の中で
過ぎ去った思い出に置き去りにされ微笑んでいる
純白の空を眺めながら

忌まわしい言葉は棘になって
暗闇の中で叫んでいる
開放の呪文を唱え眠りから抱き上げよう
美しい満月が輝いている

半神の為の新しい瑕(きず)は楽園への切符
血族としての儀式はもう終わりを告げた
真っ赤なモレラの花を両手に抱え
切り取られた記憶が甦る

私は過去と現実と未来の向こうに旅立ちたい
千年の夜を越えて世界の果てに走り出したい
そこにあるのはきっと 百億の邂逅(かいこう)だとわかっている
それは私が望んだたったひとつの希望

ARTWORK